中部保全(株)トップページ
機密文書の処理
資源化工場「Ecoプラザ」
再資源化の流れ
廃棄物収集運搬業
廃棄物中間処理行
飲料水貯水槽清掃業
配水管清掃業
浄化槽保守点検清掃業
最新情報
会社情報
環境方針
会社概要
許可指定種目
営業種目と器材・設備
所有車両について
最近の業務実績
お問い合わせ
個人情報保護方針
 
機密文書を焼却でなく、リサイクルすると

機密文書1トンあたり立木(直径14cm、高さ8m)20本に相当します。
弊社では、平成26会計年度実績で、79.73トンありますので、立木1,595本に相当します。(過去6年間合計で 519.28 トン処理しましたので、立木 10,385 本相当が救済されたことになります。)
地球温暖化や熱帯雨林の減少、砂漠化等、環境問題がある中、廃棄処理する機密文書処理をリサイクル促進することは、森林保護につながります。

機密文書の処理
再断処理と資源リサイクルまでの流れ
エコプラザ方式の主な特徴
グリーン購入法について

Copyright © 2005 ChubuHozen. All rights reserved.