中部保全(株)トップページ
機密文書の処理
資源化工場「Ecoプラザ」
再資源化の流れ
廃棄物収集運搬業
廃棄物中間処理行
飲料水貯水槽清掃業
配水管清掃業
浄化槽保守点検清掃業
最新情報
会社情報
環境方針
会社概要
許可指定種目
営業種目と器材・設備
所有車両について
最近の業務実績
お問い合わせ
個人情報保護方針
 
浄化槽保守点検作業の流れ

弊社が行っている浄化槽保守点検作業の流れを簡単にご説明いたします。

写真は家庭で使用されている一般的な小型合併浄化槽です。

    浄化槽管理者に挨拶

  保守点検作業を行う旨伝える

 

浄化槽周辺の確認

・浄化槽の周りに陥没等の異常は無いか。

・マンホール蓋の密閉状況の確認
・臭気の確認。

ブロワーの確認

・異常な熱は無いか。
・異常な騒音は無いか。
・電源は正しく接続されているか。

構造の確認

変形、破損、漏水、水平の確認

害虫発生状況の確認

・蚊、チョウバエ、コバエ等の異常な発生は無いか。

各種水質検査

・浄化槽内の水を採水し検査を行う。


・水温の測定
・水素イオン濃度の測定
・透視度の測定
・残留塩素の測定


など。

消毒剤の確認

・きちんと放流水に接触しているか。
・減った分を補充。

各槽内の点検

・色素・発泡・浮遊物の確認
・送風状況の確認。
・生物相の状況確認。

・返送汚泥量の調整
ほか。

ブロワーの点検

・フィルターの清掃。
・潤滑油の点検

ほか。

最終工程

・マンホールの蓋と浄化槽の中の洗浄。


・蓋を確実に閉める。

・保守点検記録票の作成

 

テキスト ボックス: (注)これは見本です。

    最終

  管理者に保守点検記録票を渡し、点検の概要を口頭報告。

(記録票は3年間保存)

 


浄化槽保守点検作業の流れ

(1)みなし浄化槽(単独処理浄化槽)の保守点検回数

処理方式

浄化槽の種類

期 間

年 間

全ばっ気方式

1 処理対象人員が20人以下の浄化槽

3ヶ月

 4回以上

2 処理対象人員が21人以上300人以下の浄化槽

2ヶ月

 6回以上

3 処理対象人員が301人以上の浄化槽

1ヶ月

12回以上

分離接触ばっ気方式、
分離ばっ気方式又は
単純ばっ気方式

1 処理対象人員が20人以下の浄化槽

4ヶ月

 3回以上

2 処理対象人員が21人以上300人以下の浄化槽

3ヶ月

 4回以上

3 処理対象人員が301人以上の浄化槽

2ヶ月

 6回以上

散水ろ床方式、平面酸化床方式又は地下砂ろ過方式


6ヶ月

 2回以上


(2)浄化槽(合併処理浄化槽)の保守点検回数

処理方式

浄化槽の種類

期 間

年 間

分離接触ばっ気方式、嫌気ろ床接触ばっ気方式又は脱窒ろ床接触ばっ気方式

1 処理対象人員が20人以下の浄化槽

4ヶ月

 3回以上

2 処理対象人員が21人以上50人以下の浄化槽

3ヶ月

 4回以上

活性汚泥方式


1週間

52回以上

回転板接触方式、接触ばっ気方式又は散水ろ床方式

1 砂ろ過装置、活性炭吸着装置又は凝集槽を有する浄化槽

1週間

52回以上

2 スクリーン及び流量調整タンク又は流量調整槽を有する浄化槽(1に掲げるものを除く。) 

2週間

26回以上

3 1及び2に掲げる浄化槽以外の浄化槽

3ヶ月

 4回以上


浄化槽保守点検清掃業

 


Copyright © 2005 ChubuHozen. All rights reserved.